人気劇団シルク・ドゥ・ソレイユ経営破綻 会社更生手続きへ

カナダのサーカス劇団、シルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテイメント・グループは29日、カナダの破産法に基づき会社更生手続きに入ると発表した。シルク社はカナダのモントリオールを本拠地にした前衛的なサーカス劇団で、米ラスベガスの定期公演や日本での公演も含めて知名度が高い劇団だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、3月以降に劇場での上演を停止していた。

興行収入がなくなり、約9億ドル(約960億円)もの債務があり、その返済が難しくなったという。日本の会社更生手続きにあたる企業債権者調整法を適用するようカナダの最高裁判所に申請。これに伴い、劇団員3480人を解雇すると発表した。

最高経営責任者(CEO)のダニエル・ラマー氏は、「将来の復活のためにも倒産はやむを得ないと判断した」とマスコミ各社に発表。同社の歴史は36年。コロナの前に人気劇団も太刀打ち出来なかった。世界中のファンに激震が走った。

今後の動向を注視したい。

アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. test6

  2. test5

  3. test4

  4. test3

PAGE TOP